ナツメグナツメグ レビュー

ここでは、ナツメグナツメグ レビュー に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ナツメグ』はコットンソフトから2007年2月2日に発売した18禁アドベンチャーゲーム。2007年1月13日からオフィシャルホームページ上にて体験版が公開されている。

初回版には「コットン100%CD」、そしてソフマップの予約特典にサウンドトラックを、メッセサンオーの予約特典にドラマCDを付録した。

2007年2月23日に通常版が発売され、パッケージ表面のイラストが変化している。 (両方とも東雲由佳子と野島ほとりが描かれているのは同じだが、限定版は由佳子が大きく描かれ、通常版ではほとりの方が大きく描かれている)







ストーリー
渡部敦志は受験を来年に控えていた。 彼の通う葉成川(はせがわ)学園が生徒数減少の為2学期から他の学校との統合が決まったこと、友人の由佳子が転校することになったことなど色々な意味で最後の夏休みとなっていた。

昔、自分が転校してきた時に色々と気を遣ってくれた彼女にいつか恩返したいと思っていた敦志は、転校が決まり寂しげな様子を見せる彼女を見て決意する。

そして、最後の夏の楽しい思い出作りを目的とした夏限定の部活を友人達とともに立ち上げるのだった…。


活動終了した『ねこねこソフト』の旧スタッフの有志が、共同で立ち上げたブランドの処女作品であるナツメグ。大人の事情で何でねこねこソフトでやらなかったのかという質問はさておき・・。旧スタッフの有志が関わっている時点でちょっと感動ですね。もう二度と出来ないのかなぁと思っていたので・・。まあ、この業界は今日の友は明日の敵のような状況が普通に起きてるからなぁ・・。

以降↓




個人的には面白い作品だったのだが、前半の『東雲由佳子と夏の思い出を作ろう部』の結成から部活動をやっている時は文句なしに楽しめたのだが、途中でヒロイン個別シナリオに入った途端にテンポが崩れ去り、グダグドになってしまった感はあると思う。まあ、前半はしっかりと作られているが後半は手抜きのような作品はいくらでもあるが・・

東雲由佳子が転校するという絶対的な条件の中で彼女以外のルートのヒロイン個別シナリオの内容は難しいと思うが・・それなりに頑張った節がある。ランダムイベントシステムのおかげで伏線を入れるのはさすがに難しい。まあ、今作品で最も面白いのはランダムイベントシステムでカードを選んで、仲間達とドタバタコメディ。学生時代のバカ騒ぎを送るのが一番面白かったねw


キャラ個別感想

東雲由佳子
最後に手紙を貰って涙汲んでいる姿こそがこの作品の醍醐味なのかもしれませんね。

小早川円
主人公の幼馴染で姉的存在でありながら、その壁を乗り越えるまでが大変であったが、ラストは恋人同士になって終了w

その他
やる時間がなかったのでパスw ほとりシナリオが泣けるという噂を聞くので暇があればやってみようかと思う・・。





おまけMAD ナツメグ&きしめん? (かなり凄い出来です)



ナツメグ 通常版
ナツメグ 通常版
posted with amazlet on 07.04.29
コットンソフト (2007/02/23)
売り上げランキング: 506
おすすめ度の平均: 4.5
5 面白いです
4 ぼちぼち良かった!かなぁ?





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatuki591.blog118.fc2.com/tb.php/79-25452b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。