さんまの名探偵

ここでは、さんまの名探偵 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



タイトルにもなっている明石家さんまの他、吉本興業の実在の芸人をゲーム中に数多く登場させたコマンド選択式アドベンチャーゲーム。プレイヤーはさんまの助手となって、聞き込みや捜査を行いながら犯人を追う。吉本の各キャラクターの個性を存分に引き立たせた秀作で、秀逸なキャラクターゲームの代表作として語り継がれている。所々にギャグ要素も盛り込まれている。メインキャラクター(さんま)が探偵でプレイヤーが助手という構図は『ポートピア連続殺人事件』の逆である。

ボートレースや追跡ゲームなどのミニゲームも盛り込まれている。ボートレースは勝たないと重要情報がもらえずゲームが進まないうえ、3回目の追跡ゲームで犯人を取り逃がすとバッドエンドとなる。通常のエンディングの他、計3つのバッドエンドが用意されている。

『ギャラクシガニ』は同社のゲーム『ギャラクシアン』のセルフパロディである。他にもBGMの一部や効果音などに、『ディグダグ』『ワルキューレの冒険』『ゼビウス』などの作品で用いられたフレーズが現れるといった、ナムコ作品のセルフパロディ的な要素が随所に見られる。

後にナインティナインが主人公の『ナイナイの迷探偵』でこのゲームを紹介している。これとの混同やお笑いのイメージからか本作が『さんまの迷探偵』と誤って表記されることがままある。


このゲームはさすがに面白かった・・ww いろんな意味で探偵稼業の設定を崩してない一連のシステムは良い。実在している吉本の芸人がゲームでアリバイや事件に関することを聞かれると動揺するキャラクターの喋り方が印象に残る。事件が進むたびに犯人に辿り着くが、これの本編ってミニゲームじゃないのかというぐらいに何かやっていたような覚えがある・・。

まあ、犯人を追い詰めるのは結局はミニゲームだからな・・。あれは結構焦って、BADENDになってしまうこともあった。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatuki591.blog118.fc2.com/tb.php/72-25ce7c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。