サンドラの大冒険

ここでは、サンドラの大冒険 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サンドラの大冒険』は、1992年7月23日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)よりスーパーファミコン用ゲームとして発売されたアクションゲーム。正式名称は、『サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い』であるが本項では『サンドラの大冒険』と表記する。キャラクターデザインは冨士宏。


概要
『ワルキューレの冒険』の脇役サンドラが主人公のアクションゲーム。時間軸はワルキューレの冒険より過去の物語となる。 サンドラが旅立ち、ワルキューレと出会うまでが描かれている。 絵本のような可愛いらしい絵柄とは裏腹に難易度は高い。


ストーリー
マーベルランドの片田舎、サンドランドで、クリノ・サンドラは、妻と息子の3人で、平和に楽しく暮らしていた。
そのサンドランドが、ある日爆音と共に陥没を起こす。空からは死の灰が降り注ぎ、住民は次々と風化病で倒れていく。
そして遂に、サンドラの息子も風化病にかかってしまう。
途方に暮れるサンドラと妻。しかし、「幻の薬」があれば、風化病は治せるという話を聞き、サンドラは、「幻の薬」を探す旅に出る。



 ゲーム本編をプレイしたのは一体何年前の話になることであろうか。本作を友達から借りてきてプレイしたが、樹の島以降になるとステージが難しくなってきて・・あっさりと積んでしまった。更にパスワードが変な記号だったおかげで間違えてしまうと前のステージまでやり直さないとダメなのでやる気が失われてしまうこともしばしば。

ただ、シナリオに関してはアクションゲームなのによく出来ています。選択肢を間違えて選んでしまうとBADENDに直行したりなど、その後のお話も面白いw



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatuki591.blog118.fc2.com/tb.php/66-676b59be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。