熱血高校ドッジボール部 レビュー

ここでは、熱血高校ドッジボール部 レビュー に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱血高校のドッジボール部員を操作し、花園高校や世界の強豪相手に変則ルールのドッジボールで勝負する。

1人プレイ専用の「遠征試合」、2人対戦の「対抗試合」、1~4人同時対戦の「クラブ活動」がある。

ボールを投げつけ、相手にヒットすると体力が減っていく。そして体力

が0になると昇天し退場し、相手の内野の3人が全滅すると勝利となる。

体力が減っているキャラがシュートにヒットすると、一定時間動けなくなる「疲れ」が存在しており、これがゲーム性を高める要素ともなっている。

また、各キャラクターに細かいステータス特性、更に個性的な必殺シュートの数々を与えており、好みの各キャラクターに思い入れのある人が
多い。一人プレイ専用。

敵チームの内野を3人全員倒せば試合に勝利。逆に熱血高校の内野が3人とも倒されるとゲームオーバーとなる。

最初の対戦相手、花園高校を倒した後は、世界各国を遠征して試合をしていく。最後の対戦相手、アメリカチームに勝利するとゲームクリア。

なお追加ステージとして、アメリカチームに勝利した時点で内野の3人が生き残った状態だと、キャラ配置を変更せずに「なぞのぐんだん」と対

決となる(「なぞのぐんだん」の正体は熱血高校ドッジボール部のクローン)。
アイスランド、アフリカの試合用コートは通常のコートとは違った効果

があり、アイスランドは地面が滑りやすく、アフリカは走りにくいとい
う地形効果がある。




小学生の頃にはまっていたくにお君シリーズの熱血高校ドッジボール部。殆ど公式ドッジボールのルール不要の戦いは相手の命が天国に行くまで戦いは永遠に続くという今となっては意味のわからないゲームです。特にアフリカとインドは体力ないのに守備力がメチャクチャ高かったので、簡単に倒す事ができません。一番ゲームオーバーになってしまったのは世界一周するショットを持つCPU率いるソ連ですかね? アレを防ごうと思ってもタイミングがずれてしまうと大ダメージを受けることになるんです。必殺ショットは威力がありすぎるので体力の減りや脂肪率はここが一番高かったりする。

そんな強豪国のおかげでラスボス的存在のアメリカは最も倒しやすくてやりやすい相手です。ただ、味方を一度も死なせずにクリアすると熱血高校の影の分身がEDの直後に現れます。何かの裏技? 

その相手に勝利するとEDです・・。

今となっては簡単すぎますねw



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatuki591.blog118.fc2.com/tb.php/65-f32fe8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。